現場のブロークンウィンドウズ 安全管理 ハシゴ


住宅現場で工事中は、室内に仮設ハシゴを設置します。 単なるハシゴは危険ということで、リースでアルミ製の踏み段付き・手摺付きのハシゴを設置します。住宅メーカーでは当り前になりました。 大工が単独ハシゴをあちこちで使用すると、不安全です。 ハシゴの設置角度は75度か 下部は滑り止めをつけたか 上部は固定したか 上階の突き出しは60㎝以上あるかなどをチェックして使用します。 いちいち面倒くさいですから、リースで仮設ハシゴとして、固定します。大工がその場で使用するハシゴよりもはるかに安全となります。

いちいちチェックしなくても安全であるということを「本質安全化」と言います。 この現場は、仮設ハシゴを買い取っているのか、外部に放置したままです。そのうち、本来の階段を設置して、養生して使用するでしょう。 工事中の昇降はどのようにしていたのでしょうか?不安全状態(物が悪い)で仕事をしていたのでしょう。 そこに不安全行動(人が悪い)がおこると、ひょっとして災害につながるかもしれません。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語