• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 工期 契約後の連絡

契約後に営業との連絡が途絶えていないか?

×管理されていない現場

一端、契約をすると、足が遠のく営業マンは不可です。よく顧客アンケートで、契約までは〇、契約後は×と表現されます。 次の人に引き継いだ後は知らん顔では失格です。工事中でも立会い時には、顔を出すのが営業マナー。 入居後の訪問をしない人がいるのは残念なことです。施主との接触回数がポイントです。

〇管理のゆき届いた現場

長期にわたって、付き合いできる人が社内に残っています。現場が動き出すまでの不安な時期に、連絡するのがコツです。 最初から最後まで、面倒見のよい営業マンが〇です。次の工程に移っても、顔を出すと喜んでもらえます。 顔を出さないと不満がたまります。年賀状や暑中見舞いは欠かさないことです。 面倒見が住宅ビジネスの基本!



0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語