エアコンスリーブ穴の周りを点検して雨水の浸入はないか


エアコンは、新築工事のときには、別途となる場合が多いです。新築の時には、エアコンの位置は、コンセントが必要ですから、想定されますが、電気仕事や、取付け用の下地のみ段取りします。スリーブ穴は、メーカーと機種により、位置の特定が難しく、エアコン設置業者にお任せです。設置工事の際に、後あけすることになります。エアコン設置は、建築主が直接手配します。

 外壁も内壁も仕上がった後から、スリーブ穴をあけるということは、下地の位置もわかりにくく、適当に穴をあけて、桟を切断することもあり、構造的にも問題の可能性があります。職人によりバラツクことになります。

 雨仕舞いとして、後からスリーブ配管をあけると、防水が完全にできずに、シーリングに頼ることになります。しばらくは問題ないとしても、長期的にみると、雨漏りの可能性が残ります。施工者がエアコン業者で、防水の専門家ではないために、不安になります。建築工事とは別途ということは、建築業者の雨漏り責任はありません。中には、配管の勾配が内側下がりとなり、雨水が自然に入ってくるように施工される場合もあります。

 いずれにしろ、後から穴をあけるということは、防水テープなどによる正常な防水工事ができないため、雨漏りリスクは残るということです。シーリングの劣化状況を把握します。いまやエアコンを設置しないことはほとんどありませんから、メンテナンス担当者としては、全ての家で、この問題は課題となります。

建設工事にエアコンを含み、壁体内を配管する場合もあります。外部露出配管が見えないため、納まりはきれいですが、メンテナンスを考えると、必ずしも良いとは限りません。設備の方が建築よりも寿命が短く、取替えの場合には壁を壊すか、使用せずに捨て配管として、新たに露出配管を行うことになります。

この部位からの雨漏りは、原因の特定もしやすく、大きな問題ではありませんが、放置してもよいわけはありません。対処は、シーリングの更新で行います。雨漏り→結露→白蟻の連鎖にならないように管理しなければなりません。



写真2 化粧カバーされたエアコン配管

8 views0 comments