ドクター雨仕舞い 屋根 屋根軒先

Updated: Apr 13


屋根流れ方向と壁の取合いで、雨漏りの有名な個所です。

余程、頑張って増し張り補強が必要です。

アスファルトルーフィングの立ち上がり250㎜以上と、アスファルトフェルトを上からかぶせて、隙間をつくらないようにします。

この写真のように、外壁がサイディング通気工法ではなく、左官仕上げで通気なし工法の場合は、雨水が、強い風で長時間あたると、若干は浸入します。

アスファルトフェルト固定用タッカー跡からも若干入ります。

左官仕上げで通気なし工法の場合、入った水は、毛細管現象で、排出することが難しく、乾燥を待つことになります。

通気工法であれば、かなり助かるのですが。

1 view0 comments