• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 電動丸ノコの安全装置

電動丸ノコの安全装置はよいか?

✕管理されていない現場

電動丸ノコの安全装置が、いつも問題になります。 職人が、安全装置をはずして使用します。 ベニヤを差込み、ヒモでくくり、工夫をこらしています。 自分のための安全装置にもかかわらず、安全装置を作動しなくなるようにしています。 仕事がしにくいという理由で、安全よりも、効率重視です。 合同安全パトロールを行うと、必ずチェックします。 ここで、安全に対する職人のレベルが大体わかります。 このような使い方をする職人に対しては、重点的に慎重に、他も確認していきます。 また、電動工具が手入れされずに、サビがでている状態をみると、情けない気持ちがします。 職人のプライドだと思うのですが、目先のカネに走りすぎです。

〇管理のゆき届いた現場

電動丸ノコで、適正に作動する安全装置です。 大工の棟梁が、きっちりと使用する場合には、その配下の職人も適正に使用します。 職長としての、「率先垂範」です。 悪い見本を見せると、配下の人も悪くなっていきます。 現場では「即時即場」という言葉があります。 つまり、不安全状態や不安全行動を見つけたら、すぐに、その場で、是正させます。 後からではなく、すぐに、その場です。 現場では、どの職種であっても、職長に相当する人の影響力が大きいです。 職長には、現場でよくいわれる、アタマ・ウデ・ヤルキが備わっているのは当然として、人間性が必要です。 安全に対する配慮のできる人でなければなりません。 電動丸ノコの安全装置、ヨシッ!



0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語